商品一覧

表示件数:
<< 前へ 1 23 次へ >>

(全商品:18点)

  • LoRaWAN I/Oコントローラー LT-222222-L-JP 【技適取得済】
    LoRaWAN I/Oコントローラー LT-222222-L-JP 【技適取得済】

    Dragino LoRa I/O コントローラー LT-222222-L-JPは、ロングレンジ LoRaWAN 対応 I/O コントローラです。 アナログ電流入力、アナログ電圧入力、リレー出力、デジタル入力、デジタル出力などの異なるI/Oインタフェースが含まれています。 LoRaI/Oコントローラーは、I/O監視の実施を簡単にするように設計されています。

    LoRa I/O コントローラは、ユーザーがデータを送信し、非常に長い距離まで到達することができます。 そして消費電流を最小限に抑えながら、超長距離スペクトラム拡散通信と高い干渉耐性を提供します。 灌漑システム、スマートメーター、スマートシティ、スマートフォン検出、ビルオートメーションなどのプロフェッショナルな無線センサーネットワークアプリケーションをターゲットにしています。

    LoRa I/O コントローラは、LoRaWAN 無線技術を利用したシンプルなプラグアンドプレイ、低コストでの導入を目指しています。利用環境としては、以下のようなものがあります。

      ●ユーザーの利用エリアに LoRaWAN サービスのカバレッジがあれば、I/O コントローラをインストールして設置するだけで、無線で LoRaWAN プロバイダに接続することができます。
      ●ユーザーは、現場でLoRaWANゲートウェイを設定し、 LoRaI/Oコントローラを設定して無線通信でゲートウェイに接続することができます。

    *LoRaWAN I/OコントローラーLT-2222-L-JP日本語マニュアルはこちらから....

    https://www.slideshare.net/copstalk/lora-io-lt


    13,750円
    注文数:
  • 防水型 Modbusプロトコル対応RS485 - LoRaWANコンバーター RS485-BL-JP【技適取得済】
    防水型 Modbusプロトコル対応RS485 - LoRaWANコンバーター  RS485-BL-JP【技適取得済】

    RS485-BL は、Internet of Things ソリューション用の LoRaWAN コンバータです。ユーザ ーは、RS485 または UART センサを RS485-BL コンバータに接続し、センサデータを定期的に読 み取り、LoRaWAN ネットワークを介して IoT サーバにアップロードするように RS485-BL を活用 することができます。

    RS485-BL は、RS485 センサー、3.3v/5v UART センサー、または割り込みセンサーに接続する ことができます。 RS485-BL は、3.3v 出力と 5v 出力を提供して外部センサーに電力を供給しま す。 両方の出力電圧は制御可能で、システム全体の消費電力を最小限に抑えることができま す。

    RS485-BL は、IP67 防水で 8500mAh の Li-SOCI2 バッテリーを搭載しており、数年間の長期使 用を想定して設計されています。RS485-BL は、クラス の標準的な LoRaWAN 1.0.3 を実行します。

    データのアップリンクのために、RS485-BL はRS485 デバイスにユーザー定義のコマンドを送 信し、RS485デバイスからのリターンを取得します。 RS485-BLは、これらのリターンデータをユ ーザー定義のルールに従って処理し、最終的なペイロードを取得して LoRaWAN サーバーにア ップロードします。

    データのダウンリンクについては、RS485-BL は LoRaWAN クラス A で動作します。 LoRaWAN サーバからのダウンリンクコマンドがある場合、RS485-BL は LoRaWAN サーバからのコマンドを RS485 デバイスに転送します。

    各 RS485-BL には、LoRaWAN 登録用の固有キーセットがプリロードされており、これらのキーを LoRaWAN サーバーに登録すると、電源投入後に自動接続されます。

    *RS485-BL日本語マニュアルはこちらから….

    https://www.slideshare.net/copstalk/rs485-lorawanrs485bl

    16,280円
    注文数:
  • 普及型8チャンネル LoRaWANゲートウェイ LPS8-JP【技適取得済み】
    普及型8チャンネル  LoRaWANゲートウェイ  LPS8-JP【技適取得済み】
    LoRa 仕様:
    1 x SX1308 + 2 x 1257 LoRa Tranceiver
    一般仕様:
    10M/100M RJ45 Ports x 1
    1 x 2.4G WiFi (802.11 bgn)
    1 x USB host port
    Power Input via USB Type-C: 5V, 2A
    こんな感じのサイズ感です。裏面は壁掛け対応です。
    *TTN V3対応、更新版LPS8日本語マニュアルです!

    *Amazonが本格的にLoRaWANサービス開始、AWS IoT Core for LoRaWANにも対応しています。

















    28,380円
    注文数:
  • 屋外向け 8ch LoRaWANゲートウェイ DLOS8-JP【技適承認済み】
    屋外向け 8ch LoRaWANゲートウェイ DLOS8-JP【技適承認済み】
    DLOS8-JP は、オープンソースの屋外向け 8 チャンネル LoRaWAN ゲートウェイです。 WiFi、イーサネット、3G または 4G セルラーを介して LoRa 無線通信を IP ネットワークにブリッジできます。 LoRa 無線技術により、ユーザーはデータを送信し低いデータレートで非常に長い距離
    までに到達できます。

     DLOS8-JP は、Semtech社パケットフォワーダーを使用し、LoRaWAN プロトコルと完全に互換性があります。 SX1301 LoRaWAN コンセントレータが含まれ、10 個のプログラム可能な並列復調パスを提供します。

    DLOS8 -JPには、さまざまな国で使用できるように事前に構成された標準 LoRaWAN 周波数帯域が設定されています。

    ユーザーは、独自の LoRaWAN ネットワークで使用する周波数帯をカスタマ
    イズすることもできます。DLOS8-JP は、LoRaWAN サーバーなしで ABP LoRaWAN エンドノードと通信もできます。

    システムインテグレーターは、その機能を活用し独自の LoRaWAN サーバーをセットアップしたり、サードパーティの LoRaWAN サービスを使用せずに、既存の IoT サービスとしてシステム構築ができます。


    *屋外向け 8ch LoRaWANゲートウェイ DLOS8-JPの特長
    ・オープンソース OpenWrtシステム
    ・管理方法:Web GUI, SSH経由 LAN またはWiFi
    ・10 同時処理プログラムでモジュレーションパス
    ・LoRaWANパケットフィルタリング
    ・遠隔確認 LED表示
    ・ビルトインGPS モジュレーション
    ・外付けファイバーグラスアンテナ
    ・802.3af PoE
    ・IP65
    ・ライトプロテクション
    ・Quectel EC25 LTE通信モジュール搭載
    ・電力消費量:12v 300 ~500mA

    *屋外向け 8ch LoRaWANゲートウェイ DLOS8-JP日本語マニュアル


    *Amazonが本格的にLoRaWANサービス開始、AWS IoT Core for LoRaWANにも対応しています。


    107,800円
    注文数:
  • LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP 10パックキット
    LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP 10パックキット
    LoRaWANドアセンサ LDS02-JP 特別割引セット
    55,000円
    注文数:
  • LoRaWAN対応温度湿度センサモジュール LHT65-JP-E3 10パックキット
    LoRaWAN対応温度湿度センサモジュール LHT65-JP-E3  10パックキット
    LoRaWAN対応温度湿度センサモジュール LHT65-JP-E3  10パック割引キットです。

    82,500円
    注文数:
<< 前へ 1 23 次へ >>

(全商品:18点)

表示件数:

リンク


「通信料無料のLoRaWANサービス The Things Network PR動画」


「パケットブローカーとは?」
パケットブローカーの機能説明はこちらから...

Youtube字幕オプションで日本語を選択してご覧ください


「世界最大LoRaWANコミュニティ The Things Network Japan」

詳細はこちらから...


「The Things Network」

詳細はこちらから...


「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...


「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...


「TTNアンバサダーブログ」

詳細はこちらから...