LoRaWANセンサノード

表示件数:
12 次へ >>

(カテゴリー内:10点)

  • LoRaWAN対応温度湿度&照度センサモジュール LHT65-JP-E5 10パックキット
     LoRaWAN対応温度湿度&照度センサモジュール LHT65-JP-E5 10パックキット
    LoRaWAN対応温度湿度&照度センサモジュール LHT65-JP-E5 10パック割引キットです。
    97,900円
    注文数:
  • LoRaWAN対応温度湿度&照度センサモジュール LHT65-JP-E5【技適取得済】
     LoRaWAN対応温度湿度&照度センサモジュール LHT65-JP-E5【技適取得済】
    LHT65-JP-E5は、2400mAh の非充電式バッテリーが内蔵されており、5 年以上使用できます*。LHT65-JP-E5 は、LoRaWAN v1.0.2 プロトコルと完全に互換性があり、標準のLoRaWAN ゲートウェイで動作します。

    ビルトイン温度センサ:
    Resolution: 0.01 °C
    Accuracy Tolerance : Typ °C
    Long Term Drift: < 0.02 °C/yr
    Operating Range: -40 ~ 125 °C

    ビルトイン湿度センサ:
    Resolution: 0.04 %RH
    Accuracy Tolerance : Typ
    Long Term Drift: < 0.02 °C/yr
    Operating Range: 0 ~ 100 °C

    外部照度センサモジュールE5:
    Resolution:  1 Ix
    Range: 0-65535 Ix
    Operation Range: -40 ~ 85 °C

    日本語マニュアル

    *AWS IoT Core for LoRaWANの設定方法

    10,780円
    注文数:
  • LoRaWAN I/Oコントローラー LT-222222-L-JP 【技適取得済】
    LoRaWAN I/Oコントローラー LT-222222-L-JP 【技適取得済】

    Dragino LoRa I/O コントローラー LT-222222-L-JPは、ロングレンジ LoRaWAN 対応 I/O コントローラです。 アナログ電流入力、アナログ電圧入力、リレー出力、デジタル入力、デジタル出力などの異なるI/Oインタフェースが含まれています。 LoRaI/Oコントローラーは、I/O監視の実施を簡単にするように設計されています。

    LoRa I/O コントローラは、ユーザーがデータを送信し、非常に長い距離まで到達することができます。 そして消費電流を最小限に抑えながら、超長距離スペクトラム拡散通信と高い干渉耐性を提供します。 灌漑システム、スマートメーター、スマートシティ、スマートフォン検出、ビルオートメーションなどのプロフェッショナルな無線センサーネットワークアプリケーションをターゲットにしています。

    LoRa I/O コントローラは、LoRaWAN 無線技術を利用したシンプルなプラグアンドプレイ、低コストでの導入を目指しています。利用環境としては、以下のようなものがあります。

      ●ユーザーの利用エリアに LoRaWAN サービスのカバレッジがあれば、I/O コントローラをインストールして設置するだけで、無線で LoRaWAN プロバイダに接続することができます。
      ●ユーザーは、現場でLoRaWANゲートウェイを設定し、 LoRaI/Oコントローラを設定して無線通信でゲートウェイに接続することができます。

    *LoRaWAN I/OコントローラーLT-2222-L-JP日本語マニュアルはこちらから....

    https://www.slideshare.net/copstalk/lora-io-lt


    13,750円
    注文数:
  • LoRaWAN I/OコントローラーLT-222222-L-JP 10パックキット
    LoRaWAN I/OコントローラーLT-222222-L-JP 10パックキット
    LoRaWAN I/Oコントローラー LT222222-L-JP  10パックキット
    121,000円
    注文数:
  • LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP 【技適認証済】
    LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP  【技適認証済】
    Dragino LDS02-JPは、SX1262ベースのLoRaWAN 対応のドアセンサーです。 ドアの開閉状態を検知してLoRaWANネットワークを介してIoT サーバーにアップリンクします。 ユーザーは、IoT サーバー上の管理画面でドアの状態、開錠時間、開錠回数を確認することができます。

    LDS02-JPは、単4 電池2 本で駆動し、長時間使用を想定しています。 この2 本の電池で約16,000~70,000 のアップリンクパケットを提供できます。 電池がなくなった場合、ユーザーは簡単に筐体を開けて一般的に普及している単4 電池2 本と交換することができます。

    LDS02-JPは、毎日定期的にデータを送信しドアの開閉ごとにもデータを送信します。 また、ドア開放時間をカウントし、最後のドア開放時間を計算します。 ユーザーは、開閉イベントごとのアップリンクを無効にすることもできます。 その代わり、デバイスは各開閉イベントをカウントし、定期的にアップリンクします。

    LDS02-JPは、オープンアラーム機能があり、ユーザーはこの機能を設定することで、ドアが一定時間開いていた場合、デバイスがアラームを送信します。各LDS02 -JPには、LoRaWAN 登録用のユニークなキーセットがあらかじめ搭載されており、これらのキーをLoRaWAN サーバーに登録すると、電源投入後に自動接続されます。


    5,995円
    注文数:
  • LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP 10パックキット
    LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP 10パックキット
    LoRaWANドアセンサ LDS02-JP 特別割引セット
    55,000円
    注文数:
  • 防水ケース+電池付き汎用LoRaWAN センサノード LSN50 v2-JP 10パックキット
    防水ケース+電池付き汎用LoRaWAN センサノード LSN50 v2-JP  10パックキット
    汎用LoRaWAN センサノード LSN50 v2 10パックキットとなります。

    LSN50 v2 は、長距離LoRaWAN センサーノードです。屋外のデータロギング用に設計されており、長期間の使用と安全なデータ伝送のためにLi / SOCl2 バッテリーを搭載しています。開発者が、産業レベルのLoRa およびIoT ソリューションを迅速に展開できるように設計されています。そしてユーザーのアイデアを実用的なアプリケーションに変えて、IoT を具現化するのに役立ちます。あらゆる物を簡単にプログラミング、作成、接続できます。

    SX1276 / SX1278 のSemtech LoRa チップをベースにしています。ユーザーは、データを送信し、低いデータレートで非常に長い範囲の距離に到達できます。電流消費を最小限に抑えながら、超長距離スペクトラム拡散通信と高い干渉耐性を提供します。灌漑システム、スマートメータリング、スマートシティ、スマートフォン検出、ビルディングオートメーションなどのプロフェッショナルワイヤレスセンサーネットワークアプリケーションを対象としています。

    LSN50 v2は、STMicro 社製のSTM32l0x チップを使用しています。STML0x は、高性能ARM®Cortex®-M0+ 32 ビットRISC コアが動作するユニバーサルシリアルバス(USB2.0 クリスタルレス)の接続能力を組み込んだ超低電力STM32L072xx マイクロコントローラーです。 32 MHz の周波数で、メモリ保護ユニット(MPU)、高速組み込みメモリ(192 K バイトのフラッシュプログラムメモリ、6 K バイトのデータEEPROM および20 K バイトのRAM)に加えて、拡張I / O と周辺機器の幅広い範囲で使えます。

    *LSN50 v2日本語マニュアルはこちらから
    129,800円
    注文数:
12 次へ >>

(カテゴリー内:10点)

表示件数:

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません

リンク


「通信料無料のLoRaWANサービス The Things Network PR動画」


「パケットブローカーとは?」
パケットブローカーの機能説明はこちらから...

Youtube字幕オプションで日本語を選択してご覧ください


「世界最大LoRaWANコミュニティ The Things Network Japan」

詳細はこちらから...


「The Things Network」

詳細はこちらから...


「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...


「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...


「TTNアンバサダーブログ」

詳細はこちらから...