LoRaWANセンサノード

表示件数:
12 3 次へ >>

(カテゴリー内:18点)

  • 防水型 Modbusプロトコル対応RS485 - LoRaWANコンバーター RS485-BL-JP 10パックキット
    防水型 Modbusプロトコル対応RS485 - LoRaWANコンバーター  RS485-BL-JP 10パックキット
    防水型 Modbusプロトコル対応RS485 - LoRaWANコンバーター  RS485-BL-JP 10パックの割引キットです。




    151,800円
    注文数:
  • 防水ケース+電池付き汎用LoRaWAN センサノード LSN50 v2-JP 10パックキット
    防水ケース+電池付き汎用LoRaWAN センサノード LSN50 v2-JP  10パックキット
    汎用LoRaWAN センサノード LSN50 v2 10パックキットとなります。

    LSN50 v2 は、長距離LoRaWAN センサーノードです。屋外のデータロギング用に設計されており、長期間の使用と安全なデータ伝送のためにLi / SOCl2 バッテリーを搭載しています。開発者が、産業レベルのLoRa およびIoT ソリューションを迅速に展開できるように設計されています。そしてユーザーのアイデアを実用的なアプリケーションに変えて、IoT を具現化するのに役立ちます。あらゆる物を簡単にプログラミング、作成、接続できます。

    SX1276 / SX1278 のSemtech LoRa チップをベースにしています。ユーザーは、データを送信し、低いデータレートで非常に長い範囲の距離に到達できます。電流消費を最小限に抑えながら、超長距離スペクトラム拡散通信と高い干渉耐性を提供します。灌漑システム、スマートメータリング、スマートシティ、スマートフォン検出、ビルディングオートメーションなどのプロフェッショナルワイヤレスセンサーネットワークアプリケーションを対象としています。

    LSN50 v2は、STMicro 社製のSTM32l0x チップを使用しています。STML0x は、高性能ARM®Cortex®-M0+ 32 ビットRISC コアが動作するユニバーサルシリアルバス(USB2.0 クリスタルレス)の接続能力を組み込んだ超低電力STM32L072xx マイクロコントローラーです。 32 MHz の周波数で、メモリ保護ユニット(MPU)、高速組み込みメモリ(192 K バイトのフラッシュプログラムメモリ、6 K バイトのデータEEPROM および20 K バイトのRAM)に加えて、拡張I / O と周辺機器の幅広い範囲で使えます。

    *LSN50 v2日本語マニュアルはこちらから
    129,800円
    注文数:
  • LoRaWAN I/OコントローラーLT-222222-L-JP 10パックキット
    LoRaWAN I/OコントローラーLT-222222-L-JP 10パックキット
    LoRaWAN I/Oコントローラー LT222222-L-JP  10パックキット
    121,000円
    注文数:
  • LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP 10パックキット
    LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP 10パックキット
    LoRaWANドアセンサ LDS02-JP 特別割引セット
    55,000円
    注文数:
  • 防水型 Modbusプロトコル対応RS485 - LoRaWANコンバーター RS485-BL-JP【技適取得済】
    防水型 Modbusプロトコル対応RS485 - LoRaWANコンバーター  RS485-BL-JP【技適取得済】

    RS485-BL は、Internet of Things ソリューション用の LoRaWAN コンバータです。ユーザ ーは、RS485 または UART センサを RS485-BL コンバータに接続し、センサデータを定期的に読 み取り、LoRaWAN ネットワークを介して IoT サーバにアップロードするように RS485-BL を活用 することができます。

    RS485-BL は、RS485 センサー、3.3v/5v UART センサー、または割り込みセンサーに接続する ことができます。 RS485-BL は、3.3v 出力と 5v 出力を提供して外部センサーに電力を供給しま す。 両方の出力電圧は制御可能で、システム全体の消費電力を最小限に抑えることができま す。

    RS485-BL は、IP67 防水で 8500mAh の Li-SOCI2 バッテリーを搭載しており、数年間の長期使 用を想定して設計されています。RS485-BL は、クラス の標準的な LoRaWAN 1.0.3 を実行します。

    データのアップリンクのために、RS485-BL はRS485 デバイスにユーザー定義のコマンドを送 信し、RS485デバイスからのリターンを取得します。 RS485-BLは、これらのリターンデータをユ ーザー定義のルールに従って処理し、最終的なペイロードを取得して LoRaWAN サーバーにア ップロードします。

    データのダウンリンクについては、RS485-BL は LoRaWAN クラス A で動作します。 LoRaWAN サーバからのダウンリンクコマンドがある場合、RS485-BL は LoRaWAN サーバからのコマンドを RS485 デバイスに転送します。

    各 RS485-BL には、LoRaWAN 登録用の固有キーセットがプリロードされており、これらのキーを LoRaWAN サーバーに登録すると、電源投入後に自動接続されます。

    *RS485-BL日本語マニュアルはこちらから….

    https://www.slideshare.net/copstalk/rs485-lorawanrs485bl

    16,280円
    注文数:
  • SX1262搭載LoRaWAN屋内用 CO2センサー AQS01-L-JP 【技適認証済】
    SX1262搭載LoRaWAN屋内用 CO2センサー AQS01-L-JP  【技適認証済】

    Dragino AQS01-Lは、モノのインターネットソリューション用の屋内向けLoRaWAN空気品質センサーです。周囲の環境パラメータを測定するように設計されています: CO2、温度、相対湿度、気圧を測定し、LoRaWAN無線プロトコルを介してIoTサーバーにアップロードします。




    AQS01-L
    は、ER18505  4000mAhバッテリーで駆動します。バッテリーは2年以上持ち、交換も簡単です。 AQS01-Lは、ワイヤレスOTAアップデートをサポートし、ユーザーにとってとても使いやすい商品です。



    AQS01-L
    は、CO2アラームと温度アラーム*機能をサポートしており、ユーザーは即座にアラームを受け取ることができます。 AQS01-Lは、データログ機能をサポートしており、ユーザーはLoRaWANコマンドからセンサーデータを取得することができます。

    注記* CO2アラームおよび温度警報は電池の寿命を大きく減らします!


    2. 特徴

    LoRaWAN 1.0.3 クラスA

     旭化成Senseair
      PSP12930 CO2 NDIR
    式チップ

    CO2/温度/相対湿度/気圧測定
    CO2
    アラームサポート

    データログ機能対応

    国際周波数帯域: CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915/IN865

    OTAファームウェアアップデートサポート
    定期的アップデート対応

    LoRaWANダウンリンクによる設定変更

    4000mAhバッテリ搭載

    3. 仕様

    共通DC特性:

    供給電圧:
    ビルトイン4000mAh Li-SOCI2バッテリー, 2.5v
    ~ 3.6v

    稼働温度環境:
    -20 ~ 65°C


    4. AQS01-L カタログ

    https://www.slideshare.net/slideshows/dragino-lorawanco2-aqs01l/266163739
    15,950円
    注文数:
  • 防水ケース+電池付き汎用LoRaWAN センサノード LSN50 v2-JP【技適取得済】
    防水ケース+電池付き汎用LoRaWAN センサノード LSN50 v2-JP【技適取得済】
    LSN50 v2 は、長距離LoRaWAN センサーノードです。屋外のデータロギング用に設計されており、長期間の使用と安全なデータ伝送のためにLi / SOCl2 バッテリーを搭載しています。開発者が、産業レベルのLoRa およびIoT ソリューションを迅速に展開できるように設計されています。そしてユーザーのアイデアを実用的なアプリケーションに変えて、IoT を具現化するのに役立ちます。あらゆる物を簡単にプログラミング、作成、接続できます。

    SX1276 / SX1278 のSemtech LoRa チップをベースにしています。ユーザーは、データを送信し、低いデータレートで非常に長い範囲の距離に到達できます。電流消費を最小限に抑えながら、超長距離スペクトラム拡散通信と高い干渉耐性を提供します。灌漑システム、スマートメータリング、スマートシティ、スマートフォン検出、ビルディングオートメーションなどのプロフェッショナルワイヤレスセンサーネットワークアプリケーションを対象としています。

    LSN50 v2は、STMicro 社製のSTM32l0x チップを使用しています。STML0x は、高性能ARM®Cortex®-M0+ 32 ビットRISC コアが動作するユニバーサルシリアルバス(USB2.0 クリスタルレス)の接続能力を組み込んだ超低電力STM32L072xx マイクロコントローラーです。 32 MHz の周波数で、メモリ保護ユニット(MPU)、高速組み込みメモリ(192 K バイトのフラッシュプログラムメモリ、6 K バイトのデータEEPROM および20 K バイトのRAM)に加えて、拡張I / O と周辺機器の幅広い範囲で使えます。

    *LSN50 v2日本語マニュアルはこちらから


    *AWS IoT Core for LoRaWANの設定方法


    15,180円
    注文数:
12 3 次へ >>

(カテゴリー内:18点)

表示件数:

リンク


「通信料無料のLoRaWANサービス The Things Network PR動画」


「パケットブローカーとは?」
パケットブローカーの機能説明はこちらから...

Youtube字幕オプションで日本語を選択してご覧ください


「世界最大LoRaWANコミュニティ The Things Network Japan」

詳細はこちらから...


「The Things Network」

詳細はこちらから...


「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...


「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...


「TTNアンバサダーブログ」

詳細はこちらから...