商品一覧

表示件数:
<< 前へ 1 2 3 4

(全商品:27点)

  • USB LoRaWANアダプター USB LA66-JP 【技適取得済み】
    USB LoRaWANアダプター USB LA66-JP 【技適取得済み】
    *USB LoRaWANアダプターLA66の概要
    USB LoRaWANアダプター LA66は、USBデバイスをLoRaWANワイヤレス機能に対応させるために設計されています。CP2101 USB TTLチップとLA66 モジュールを組み合わせており、PCやスマートフォンのUSBインターフェースを持つ組み込み機器にLoRaWAN無線通信機能を簡単に追加することができます。

    USB LoRaWANアダプターLA66は、LoRaWAN v1.0.3プロトコルを含むすぐに使用可能な通信モジュールです。LA66で使用されているLoRaWANプロトコルスタックは、世界で100万台以上展開されているLoRaWANエンドデバイスで使用されています。このように成熟したLoRaWANプロトコルスタックは、異なるLoRaWANサーバーや異なる国の規格に対応するLoRaWANセンサーを安定して利用するためリスクを大幅に軽減します。

    外部MCUは、ATコマンドでLA66を呼び出し、LoRaWANプロトコルでデータ伝送を開始することができます。

    各LA66モジュールには、LoRaWANネットワーク登録のための世界で唯一のOTAAキーが含まれます。

    LoRaWANプロトコルのサポートに加え、USB LoRaWANアダプターLA66は非LoRaWANアプリケーション向けにオープンソースのピアツーピアLoRaプロトコルもサポートしています。

    USB LoRaWANアダプターLA66は、TCXO水晶を搭載しており極端な温度環境下でも安定した性能を発揮することができます。

    *USB LoRaWANアダプターLA66の特徴
    ・LA66モジュールをベースとしてLoRaWAN USBアダプター
    ・長距離RF送信範囲
    ・LoRaWAN v1.0.3 プロトコルサポート
    ・ピアツーピアプロトコルサポート
    ・低温でのRF性能を保証するTCXO水晶振動子搭載
    ・RFスプリングアンテナ
    ・LoRaWAN各国周波数帯に対応
    ・世界共通のOTAAキー
    ・UART-TTLインタフェース経由のATコマンド
    ・UARTインターフェース経由でファームウェアのアップグレード可
    ・LoRaWAN信号検出とGPS追跡オープンソースモバイルアプリ

    *USB LoRaWANアダプターLA66の仕様
    ・CPU: 32-bit 48 MHz
    ・Flash: 256KB
    ・RAM: 64KB
    ・入力電源: 5V
    ・周波数帯域: 150 MHz ~ 960 MHz
    ・最大電力:    +22 dBm constant RF output
    ・高感度:    -148 dBm
    温度:
    ・Storage:    -55 ~ +125℃
    ・Operating: -40 ~ +85℃
    湿度:
    ・Storage:   5 ~ 95% (Non-Condensing)
    ・Operating: 10 ~ 95% (Non-Condensing)
    ・LoRa送信電流: <90 mA at +17 dBm, 108 mA at +22 dBm
    ・LoRa受信電流: <9 mA

    *USB LoRaWANアダプターLA66 カタログ

    *USB LoRaWANアダプターLA66 マニュアル

    7,920円
    注文数:
  • LA66モジュール+屋内アンテナ付キット 【技適取得済】
    LA66モジュール+屋内アンテナ付キット 【技適取得済】
    *LA66モジュール+屋内アンテナ付キット  【技適取得済】
    LA66シールドで開発した独自デバイスとArduinoプログラムを実装し、独自PCBを設計して屋内でLoRaWANシステムを構築する際に使える屋内アンテナ付キットとなります。

    LA66モジュール本体、アンテナケーブル(ipex to SMA) と屋内アンテナSTI-AN-5D-Rが含まれます。


    技適審査済のEPS32-S3をMCUに使えば、WiFIやBluetoothそしてLoRaWAN同時対応したエンドデバイスを国内利用できます!


    6,578円
    注文数:
  • LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP 【技適認証済】
    LoRaWAN ドアセンサ LDS02-JP  【技適認証済】
    Dragino LDS02-JPは、SX1262ベースのLoRaWAN 対応のドアセンサーです。 ドアの開閉状態を検知してLoRaWANネットワークを介してIoT サーバーにアップリンクします。 ユーザーは、IoT サーバー上の管理画面でドアの状態、開錠時間、開錠回数を確認することができます。

    LDS02-JPは、単4 電池2 本で駆動し、長時間使用を想定しています。 この2 本の電池で約16,000~70,000 のアップリンクパケットを提供できます。 電池がなくなった場合、ユーザーは簡単に筐体を開けて一般的に普及している単4 電池2 本と交換することができます。

    LDS02-JPは、毎日定期的にデータを送信しドアの開閉ごとにもデータを送信します。 また、ドア開放時間をカウントし、最後のドア開放時間を計算します。 ユーザーは、開閉イベントごとのアップリンクを無効にすることもできます。 その代わり、デバイスは各開閉イベントをカウントし、定期的にアップリンクします。

    LDS02-JPは、オープンアラーム機能があり、ユーザーはこの機能を設定することで、ドアが一定時間開いていた場合、デバイスがアラームを送信します。各LDS02 -JPには、LoRaWAN 登録用のユニークなキーセットがあらかじめ搭載されており、これらのキーをLoRaWAN サーバーに登録すると、電源投入後に自動接続されます。


    5,995円
    注文数:
<< 前へ 1 2 3 4

(全商品:27点)

表示件数:

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません

リンク


「通信料無料のLoRaWANサービス The Things Network PR動画」


「パケットブローカーとは?」
パケットブローカーの機能説明はこちらから...

Youtube字幕オプションで日本語を選択してご覧ください


「世界最大LoRaWANコミュニティ The Things Network Japan」

詳細はこちらから...


「The Things Network」

詳細はこちらから...


「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...


「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...


「TTNアンバサダーブログ」

詳細はこちらから...