普及型SX1302-8チャンネル LoRaWANゲートウェイ LPS8N-JP【技適取得済】

クリックで画像を表示
オプションで4G LTE対応可能(右側アンテナ)
クリックで画像を表示
標準構成はLoRaバイポーラアンテナのみとなります
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
付属としてUSB-Cケーブル、AC電源ソケットそしてLoRaバイポーラアンテナとなります
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

 LPS8N-JPは、オープンソースベースのLoRaWANインドアゲートウェイです。WiFiEthernet3Gまたは4Gセルラーネットワークを介して、LoRa無線ネットワークをIPネットワークにブリッジすることができます。 LoRa無線技術により、ユーザーはデータを送信し、低データレートで非常に長い距離に到達することができます。

 LPS8N-JPは、Semtech社のパケットフォワーダーとLoRaWANステーション接続を使用し、LoRaWANプロトコルと完全な互換性があります。 また、SX1302 LoRaWAN コンセントレータを搭載し、10個のプログラマブルパラレル復調パスを提供します。

 LPS8N-JPは、各国標準のLoRaWAN周波数帯域を予め設定しています。また、ユーザー自身がLoRaネットワークで使用する周波数帯をカスタマイズすることも可能です。

 LPS8N-JPは、LoRaWANサーバーを介さずにABP LoRaWANエンドノードと通信可能です。 システムインテグレーターは、LoRaWANサーバーの設置やサードパーティー製LoRaWANサービスを利用せずに既存のIoTサービスとの統合に利用することができます。

*主な特長

• オープンソースOpenWRT システム
• ウェブ UI, WAN or WiFi経由SSH管理
• 自動プロビジョニングによる一括展開と管理
• SX1302  8チャンネルLoRaWANゲートウェイ 
• 10個のプログラム可能なパラレル復調パス
 オプション 4G LTEバックホール接続
•  複数サーバー遠隔集中管理 - remote it!
• 異なるLoRaWANリージョン設定事前登録
•  Semtech UDP Packet Forwarder
•  LoRaWAN Basic Station
•  ChirpStack-Gateway-Bridge (MQTT)
•  LoRaWANの地域設定に対応するための事前設定
•  LoRaWANの地域別パラメータをカスタマイズ可
•  ABPエンドノードのローカルデコードと    MQTTサーバーへの転送サポート

*LPS8N-JPカタログ

https://www.slideshare.net/copstalk/sx13028-lorawan-lps8njp-254728220

*LPS8N-JP日本語マニュアル

https://www.slideshare.net/copstalk/sx13028-lorawan-lps8njp






  • 価格:34,980円

  • 注文数:
  • こちらの商品が再入荷した場合
    メールでお知らせします。
    メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
    告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
    ・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

リンク


「通信料無料のLoRaWANサービス The Things Network PR動画」


「パケットブローカーとは?」
パケットブローカーの機能説明はこちらから...

Youtube字幕オプションで日本語を選択してご覧ください


「世界最大LoRaWANコミュニティ The Things Network Japan」

詳細はこちらから...


「The Things Network」

詳細はこちらから...


「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...


「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...


「TTNアンバサダーブログ」

詳細はこちらから...