ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2-JP 【技適取得済】

クリックで画像を表示
オプションで4G LTE対応可能(右側アンテナ)
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
※LPS8cv2-JPは、本体、USB TypeCケーブル、AC電源アダプターが含まれます。
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

 LPS8v2-JP は、オープンソースのLoRaWANゲートウェイです。WiFi、Ethernet、携帯電話ネットワーク(オプションの4Gモジュール)経由で、LoRa無線ネットワークをIPネットワークにブリッジすることができます。LoRa無線ネットワークは、低速で長距離のデータを送信することができます。

 LPS8v2 -JPは、LoRaWANプロトコルに完全対応しています。LPS8v2-JP は、以下のような様々なLoRaWANネットワーク接続をサポートしています。Semtech UDP Packet Forwarder、LoRaWAN Basic Station、
ChirpStack MQTT Bridgeなど、様々なLoRaWANネットワーク接続に対応しています。

 これにより、LPS8V2 は、市場にあるほとんどのLoRaWANプラットフォームで動作することができます。またLPS8v2 には、LoRaWANサーバーとIoTサーバーが内蔵されており、システムインテグレーターがクラウドサービスやサードパーティのサーバーを使わずにIoTサービスを展開することを可能にします。

 LoRaWANの周波数帯は国によって異なります。LPS8v2 には、これらの周波数帯があらかじめ設定されています。また、ユーザー自身が、LoRa無線ネットワークで使用する周波数帯をカスタマイズすることも可能です。

 LPS8v2-JPは、リモートマネジメントremote.itに標準対応しています。システムインテグレーターは、ゲートウェイの遠隔監視と保守を容易に行うことができます。

主な特長:
• オープンソースDebian システム
• ウェブ UI, WAN or WiFi経由SSHで管理
• リモート管理
• 自動プロビジョニングによる一括展開と管理
• LoRaWANゲートウェイ
• 10 個のプログラム可能なパラレル復調パス
• 異なるLoRaWANリージョン設定対応に事前設定済
• LoRaWANリージョンパラメータのカスタマイズ対応
• 異なる種類のLoRaWAN接続対応
• Semtech UDP Packet Forwarder
• LoRaWAN Basic Station
• ChirpStack-Gateway-Bridge (MQTT)
• ビルトインThe Things Network ローカルLoRaWANネットワークサーバー
• ビルトイン Node-Red ローカルアプリケーションサーバー

ハードウェアシステム:
• CPU: Quad-core Cortex-A7 1.2Ghz
• RAM: 512MB
• eMMC: 4GB

インターフェース:
• 10M/100M RJ45 Ports x 1
• Multi-Channel LoRaWAN無線ネットワーク
• WiFi 802.11 b/g/n

LPS8 v2 カタログ

*LPS8 v2日本語ユーザーマニュアル



  • 価格:59,400円

  • 注文数:
  • こちらの商品が再入荷した場合
    メールでお知らせします。
    メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
    告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
    ・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

リンク


「通信料無料のLoRaWANサービス The Things Network PR動画」


「パケットブローカーとは?」
パケットブローカーの機能説明はこちらから...

Youtube字幕オプションで日本語を選択してご覧ください


「世界最大LoRaWANコミュニティ The Things Network Japan」

詳細はこちらから...


「The Things Network」

詳細はこちらから...


「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...


「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...


「TTNアンバサダーブログ」

詳細はこちらから...