2024/05/22The Things Stack Cloudから連携されたDS20L(LiDARデバイス搭載スマート距離検出センサー)のデータをTago.IOで見える化 Tips & Tricks 公開

2024/05/11■LoRaWANをビルディングIoTで使うメリット ー オーストラリア Minnovation Technologies社

オーストラリアのLPWANインテグレーターでスマートビルディング向けやスマートシティ向けにビジネス展開している Minnovation Technologies社のホームページトップサイトが気になったのでご紹介します。

LoRaWANをビルディングIoTで使うメリット
ビルディング内接続に LoRaWANを使用すると、次のようなメリッがあります。

低消費電力: LoRaWAN デバイスは消費電力が非常に少ないため、再充電や交換を必要とせずに長時間動作できます。
長距離: LoRaWAN は長距離にわたってデータを送信できるため、障害物が無線信号に干渉する可能性がある屋内環境に最適です。
低コスト: LoRaWAN デバイスは通常、他のワイヤレス テクノロジーよりも安価であるため、建物内接続用の手頃なソリューションとなります。
簡単な導入: LoRaWAN ネットワークは導入と管理が簡単で、必要に応じてデバイスを簡単に追加または削除できます。
信頼性: LoRaWAN は、干渉が検出された場合に自動的にバックアップ チャネルに切り替えることができるデバイスを備え、信頼性が高くなるように設計されています。

■結論
結論としてLoRaWAN は、幅広いデバイスの接続を構築する際に IoT を提供するために使用できる強力なテクノロジーです。低消費電力、長距離機能、低コスト、導入の容易さ、信頼性により、他のワイヤレス技術では困難な屋内環境にとって理想的なソリューションとなります。インターネットに接続されるデバイスが増えるにつれ、堅牢なワイヤレス ネットワークのニーズは今後も高まり続けるため、LoRaWAN はこの需要を満たす上で重要な役割を果たせるようになっています。


詳細はこちらから....

https://minnovation.com.au/article/internet-of-things/building-connectivity-lorawan/


スマートシティとしてTTNを活用した事例も紹介されています。

https://minnovation.com.au/portfolio-items/the-benefits-of-aggregating-data-across-multiple-municipalities/






 

2024/05/09LiDARデバイス搭載のLoRaWAN小型距離検出センサー DS20Lをリリースします!

LiDARデバイス搭載のLoRaWAN小型距離検出センサー DS20Lをリリースします!

  Dragino DS20Lは、長距離ワイヤレスLoRaWAN技術をベースにした小型のスマート距離検出センサーです。LiDARセンサーを使用してDS20Lと対象物との距離を検出してLoRaWAN経由でIoTプラットフォームに送信します。DS20Lは、3cm~200cmの距離を測定できます。

  DS20Lは、LoRaWANによるデータ送信と超長距離通信を可能にします。DS20Lは、超長距離スペクトラム拡散通信と高い耐干渉性を提供し消費電力を最小限に抑えます。DS20Lには2400mAhの非充電式バッテリーが内蔵されており、数年間*の長期使用が可能です。また、DS20Lに外部電源を供給して、連続測定や距離アラーム/カウントを行うこともできます。

  DS20Lは、LoRaWAN v1.0.3クラスAプロトコルと完全な互換性があり、標準的なLoRaWANゲートウェイで動作します。DS20Lは、スマートシティ、ビルディングオートメーションなどのプロフェッショナルなワイヤレスセンサーネットワークアプリケーションをターゲットとしています。

*詳細はこちらから...

https://www.thethingsnetwork.jp/forum/t/topic/832



2024/04/30Draigno社製 屋外用LoRaWANデバイスシリーズにBluetoothチップセットBT24が標準搭載、技適を取得しました!

2024/04/22The Things Stack Cloudから連携された新型CO2 センサーAQS01-LのデータをTago.IOで見える化 Tips & Tricks 1&2

The Things Stack Cloudから連携されたAQS01-L CO2 センサーをTago.IOで見える化 Tips & Trickを公開しました。AQS01ーLからは、CO2、気圧、温度、湿度が測定できるようになりました。

*The Things Stack Cloudから連携された新型CO2 センサーAQS01-LのデータをTago.IOで見える化 1 /2

*The Things Stack Cloudから連携された新型CO2 センサーAQS01-LのデータをTago.IOで見える化  2 / 2


旭化成Senseair PSP12930を搭載した新型LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-Lのご紹介




2024/04/11多数のエンドデバイスを一括登録Tips & Tricks - CSVファイル 2 / 2

多数のエンドデバイスを一括登録Tips & Tricks - CSVファイル  2 / 2 を追加しました。

詳細はこちらから....


2024/04/05The Things Stack バージョン 3.30 がリリースされました!

The Things Stack バージョン 3.30 がリリースされました!
エンドデバイスの動作を制御し、ゲートウェイのラウンドトリップ時間を監視します。

2024/04/05多数のエンドデバイスを一括登録Tips & Tricks - JSONファイル 1 / 2

The Things Stackは、デバイスを1つずつ追加する代わりに、複数のエンドデバイスを一度に追加する複数の方法をサポートしています。複数のデバイスを追加することは、デバイスのインポートとも呼ばれます。

多数のエンドデバイスを一括登録Tips & Tricks - JSONファイル  1 / 2



2024/04/02シングルサインオンTips & Tricks ~ The Things StackとGoogle OpenID Connect 連携方法

ITとOTとのコンビネーション、シングルサインオンTips & Tricks ~ The Things StackとGoogle OpenID Connect 連携方法を公開しました。ご参考まで。



2024/03/27The Things NetworkからThe Things Industriesへ移行すべき9つの理由

The Things Networkコミュニティから有料版であるThe Things Industries社がサポートするThe Things Stack Cloudへの移行する理由についてメリットを9つご紹介します。まもなくThe Things Stack Cloud 日本クラスターサービスをリリース予定です。



2024/03/26エンドデバイスのアクティベーション ~ なぜ、OTAAがABPよりも優れているのか?

2018年、オランダ・アムステルダムで開催された第一回目のLoRaWAN世界会議 - The Things Conferenceで LoRa変調方式を発明したNicolas Sorninが、米国最大ケーブルテレビ会社で米国最大のインターネットプロバイダーであるComcast社の事例を紹介しました。

Nicolas Sorninは、当時Comcast本社のあるフィラデルフィアでLoRaWAN網を構築。それをDense Networkと呼んでました。フィラデルフィアの市バスの位置即位をGPSでなく、LoRaWANで構築できることを実証してみせました。(※フィラデルフィア中心地は高層ビルが乱立していてGPS電波が届かないため)

位置情報を即位するトラッキングデバイスの鍵認証技術が、OTAA ( Over The Air Activation)なのです。LoRaWANを理解するのにデバイスアクティベイション OTAAは、必要不可欠の認証技術なのです。

*エンドデバイスのアクティベーション ~ なぜ、OTAAがABPよりも優れているのか? 1 / 2







2024/03/082024.3.6 前橋市で開催されたLoRaWANセミナー「デジタル新時代を切り拓く」参加レポート!

2024.3.6 前橋市「ぐんま未来イノベーションLAB」で開催された LoRaWANセミナー「デジタル新時代を切り拓く!」参加レポートの詳細はこちらから..

2024/02/28都市農業を実践、大正大学古田先生「としまグリーンインフラ研究会 」~ LoRaWAN,WiFi環境忘備録

TTNイニシエーター会議でも昨年、一昨年と2年連続ご登壇いただいてます大正大学古田先生の「としまグリーンインフラ研究会 」のネットワークシステム構築Tips & Tricksサイトをご紹介します。

*詳細はこちらから....

2024/02/22LoRaWAN To Modbus ゲートウェイ MS48-LRが入荷しました!

LoRaWAN To Modbus ゲートウェイ MS48-LRが入荷しました!MS48-LRは、オープンソースのLoRaWAN to Modbusゲートウェイです。WiFi、イーサネット、セルラーネットワーク(オプションの4Gモジュール経由)を介して、LoRaワイヤレスネットワークをIPネットワークにブリッジすることができます。

*LoRaWAN To Modbus ゲートウェイ MS48-LRの詳細はこちらから...



2024/02/13新型SX1262搭載LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lが入荷しました!

新型SX1262搭載LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lが入荷しました!

*LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-L


2024/02/082024.2.7 NHK全国放送、朝のニュースで紹介されました!「みかん栽培にICT 情報通信技術で農家を助ける」

昨日のNHK全国放送、朝のニュースで紹介されました!「みかん栽培にICT 情報通信技術で農家を助ける」

IIJ様がインテグレーションされたスマート農業システム、Dragino社土壌センサーで LSE01が取り上げられました。

「みかん栽培にICT 情報通信技術で農家を助ける」

2024/02/07ながらくお待たせしました!旭化成Senseair PSP12930を搭載した新型LoRaWAN屋内CO2センサー AQS01-Lのご紹介

大変ながらくお待たせしました! 旭化成Senseair PSP12930を搭載した新型のLoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lをご紹介させていただきます。

*新型LoRaWAN屋内用CO2センサー AQS01-Lの詳細はこちらから



2024/01/31令和6年3月6日「デジタル新時代を切り拓く!」ぐんま未来イノベーションLAB会員共催企画

ぐんま未来イノベーションLABは、株式会社両毛システムズ、The Things Network、太田市、群馬大学と共催で、デジタルデバイス「LoRaWAN」に係るワークショップを開催します。

「LoRaWAN」は、低消費電力・広域通信可能なワイヤレスネットワークシステムです。ビジネスや行政運営など様々な場面で活用されている技術を体験し、新規ビジネスのヒント、地域課題解決のきっかけを創ります。

県内IT企業からの技術紹介、太田市や群馬大学からの取組紹介に加え、「LoRaWAN」ネットワークで取得したデータを実際にご覧いただき、「LoRaWAN」を活用したビジネスの可能性や地域課題の解決についてワークショップを実施します。

さらに、ワークショップの後は参加企業と学生との交流会を開催します。IT関係企業の方と学生が意見交換をできる貴重な機会であり、ワークショップに参加していない学生も参加いただけますので、是非ご参加ください。

*詳細はこちらから...

https://www.pref.gunma.jp/page/625549.html



2024/01/22総務省「地域デジタル基盤活用推進事業」に採択、群馬県太田市・市内全域で LoRaWANカバレージ達成!

#群馬県太田市 は、市内全域に於いて #TheThingsNetwork を利用した #LoRaWAN 網が構築できました。#大規模地震 など災害時の二次バックアップ用無線ネットワーク網としても有効活用が期待されます。

*詳細はこちらから....


2024/01/09LoRaWAN To Modbusゲートウェイ - MS48-LR スマートビルディングやスマートファクトリーで容易に統合・構築!

LoRaWANセンサー類とPLCなどModbus対応産業機器類とを容易に統合・構築できるLoRaWAN To Modbusゲートウェイ MS48-LRを発売します。

*詳細はこちらから...



2023/12/24◆2023年 年末年始休暇のお知らせ◆

平素は、Draginoダイレクトショップのご利用をいただきましてありがとうございます。

誠に勝手ながら、年末年始休暇日程は下記期間とさせていただきます。

2023年 年末年始休暇日程◆

2023年12月29日( 金)〜2024年1月4日(木)

※2024年1月5日(金)から通常営業となります。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。



2023/12/21プライベイトLoRaWANネットワークサーバー「The Things Stack Cloud」のTips & Tricksをご紹介

個人情報や業務に関する機密情報をを海外のクラウドサーバーに置きたくない人には、最適なプライベイトなLoRaWANネットワークサービス The Things Stack Cloudを日本リージョンのクラスターサービスとしてリリースする準備をしております。

*詳細はこちらから...

The Things Stack Cloud  LPS8N-JPゲートウェイ との連携 Tips & Tricks 1/2


The Things Stack Cloud  LPS8N-JPゲートウェイ との連携 Tips & Tricks 1/2




*The Things Stack Cloudの説明資料










2023/11/20先週(2023年11月15日~17日)パシフィコ横浜で開催「Edge Tech+2023」参加レポート!


先週、パシフィコ横浜で開催された「Edge Tech+ 2023」 - LoRaパビリオンブースにTTN高崎イニシエーターのエルスピーナヴェインズ社と共同で出展いたしました。

*詳細はこちらから....




2023/11/062023年11月15日~17日、パシフィコ横浜で開催「Edge Tech+2023」今年も出展します!

EdgeTech_Top


2023年11月15日から17日までパシフィコ横浜で開催されますEdge Tech+ 2023 - LoRaパビリオンブースにTTN高崎イニシエーターのエルスピーナヴェインズ社と共同で出展いたします。ブース番号:A-H07LoRaパビリオンとなります。


LoRaPavilion_Lauout

会場入口入り、すぐ前のLoRaパビリオンブースの奥右角になります。


プライベートもエンタープライズも適用可能なLoRaWANスタック The Things Stack


オランダ・アムステルダムから発祥したパブリックLoRaWAN サービス『The Things Network』世界153カ国、200,000人のIoT技術者を中心に世界最大のLoRaWANコミュニティとして発展。日本国内で53箇所のコミュニティが立ち上がっています。この『The Things Network』に搭載されているLoRaWANプロトコルスタックであるThe Things Stack v3は日本語化もされています。今年も、エルスピーナヴェンズ社のLoRaWANエンドデバイスを始め、IoTユースケースに使える様々なエンドデバイスをご紹介します。


*Edge Tech+2023専用サイトはこちらから…

https://www.thethingsnetwork.jp/forum/t/topic/789


2023/10/27TTN vs The Things Stack Cloudとの違い - まず、The Things Stack Cloud Discoveryで無料体験しませんか?

2018年2月に工学社から上梓させていただいた「The Things Network」から早5年半が過ぎました。3年前にTTN v2からTTN v3にアップグレードしてから、The Things Stackとう名称でLoRaWANプロトコルスタックを大幅に更新し、今日に至ります。世界的にも実証実験の段階からLoRaWANをさまざまな業界でビジネス活用する段階に成長しました。

「The Things Network」いわゆる TTNも世界135ヵ国の各都市のイニシエーターを主導のもとにコミュニティとして成長もしてきました。

日本でも53か所の市町村でイニシエーターとなって立ち上げていただき、感謝しております。今年も7月に全国イニシエーター会議を開催し、各イニシエーターからそれぞれ興味深い発表がありました。

そこで、TTNを開発・運用するオランダ The Things Industries社は、それまでのTTNで培った蓄積をビジネスにつなげるための環境を提供しています。下記は、TTN、いわゆる The Things Stack Community Edtion とThe Things Indusries社が有料で提供している The Things Stack Cloudとの違い、比較内容となります。

*詳細はこちらから...

https://www.thethingsnetwork.jp/forum/t/topic/788




2023/10/13LoRa Allianceが主催するLoRaWAN Live Tokyo 2023 参加レポート

2023 10/11-12 両日 新宿ヒルトンホテルでLoRa Alliance主催のLoRaWAN LiveTokyoに参加しました。

*レポート詳細はこちらから



2023/10/06来週 2023/10/11-12、新宿ヒルトンホテルで開催されるLoRaWAN Tokyo Live 2日間 TTI社展示コーナーでお待ちしております!

来週 2023/10/11-12の2日間、新宿ヒルトンホテルで開催されるLoRa Alliance主催の LoRaWAN Tokyo Live にてTTI (The Things Industries) 展示コーナーにおります。皆様、ご来場の際はお声をおかけください。

LoRaAlliance_Live_Tokyo.png

開催2日目のキーノートセッションでは、TTI社のエンジニア Kevin Schiffer が、「IoT スタック:APACにスポットライトを当てる」というタイトルでデモを交えてプレゼンテーション発表します。 APAC地域のユースケースとLoRaWANのスケーリングについて解説します。LoRaWANソリューションとしてオーストラリアのBlueScope Steelおよび日本の群馬県太田市のスマートシティプロジェクトに関して具体例どのように使用されているかを説明します。乞うご期待!

*詳細はこちらから.....

https://www.thethingsnetwork.jp/forum/t/topic/782





2023/10/02先月アムステルダムで開催 The Things Conference 2023 - 日本からエルスピーナヴェインズ社が参戦!

一週間前、2023年9月21日と22日の2日間、オランダ・アムステルダムでThe Things Conferenceが開催されました。LoRaWANに関してのカンファレンスですが、ベンダー主体だけでなく、ユーザー目線でハンズオンセミナーも設けられて活発に情報交換がなされます。私は、第一回から四回までカンファレンスに参加しましたが、去年と今年は、残念ながら欠席させてもらいました。


日本から参戦したエルスピーナヴィンズ社のオリジナル LoRaWANセンサーノードもThe Things Conference名物、Wall of Fameの壁に展示されていましたのでご紹介します。



*詳細はこちらから...


2023/09/25Cold Chain Managementの重要性 - 先週の青森県老舗弁当屋の食中毒、全国拡大事故と対策について

先週、青森県八戸市の老舗弁当屋が、製造販売している海鮮弁当から黄色ブドウ球菌やセレウス菌が発生し、食中毒が全国に広がりました。食中毒の主な原因は、外注したご飯が、なんらかの温度・時間条件で菌が増殖して糸を引いた状態だったようです。

まさにCold Chain Managementの重要性です。ご飯といえども時間と温度条件により上記事故のようにそれぞれの外注先でも時間と温度をコントロールする必要性があるのです。このような規定は、食品衛生上HACCPで規定はされておりますが、実際に急遽、納品数が拡大した場合、新たな外注先でも一定の食品の品質を保つためのシステム作りが必要です。

海外でも同じような事故は頻繁に起こっていたため、Cold Chain Manegementの重要性は、食品業界だけでなく医療業界などでも何度も見直されて今日に至っております。

今回は、死亡事故まで発生はしていませんが、特にアメリカでは死亡事故になると多大な損害賠償を請求されてしまいます。Cold Chain Managementは、日本ではこれからが本番です。

LoRaWANの低消費長距離無線通信の技術を最大限に活用して、手軽でCold Chain Managementのシステム作りが可能になります。以下は、Cold Chain Managementで活用されているコンパクトなLoRaWAN温度・湿度センサーLHT65Nの概要です。

*詳細はこちらから....



2023/09/16IIJ様、愛媛のみかん畑にLoRaWANを構築し栽培収量向上に向け検証

生産者組合である真穴柑橘共同選果部会(真穴共選)と共同で、愛媛県八幡浜市の真穴地区の温州みかん畑240haをカバーするLoRaWANネットワークを構築。畑に120個のLoRaWAN土壌水分センサーを設置し、計測した土壌水分量データをLoRaWAN基地局経由でクラウド上に収集する。データからみかん栽培における品質および収量向上に効果的な値を分析・可視化することで、最適な栽培モデルの確立を目指す。

この栽培モデルの値に基づいて土壌の水分量を常時監視し、スプリンクラー灌水を適切に行なうことで、過乾燥を防止し落葉による収穫減のリスクを軽減することが可能になり、産地全体での収益向上が期待できるという。

*詳細はこちらから...

https://businessnetwork.jp/article/16319/


ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません

リンク


「通信料無料のLoRaWANサービス The Things Network PR動画」


「パケットブローカーとは?」
パケットブローカーの機能説明はこちらから...

Youtube字幕オプションで日本語を選択してご覧ください


「世界最大LoRaWANコミュニティ The Things Network Japan」

詳細はこちらから...


「The Things Network」

詳細はこちらから...


「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...


「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...


「TTNアンバサダーブログ」

詳細はこちらから...