2024/03/26エンドデバイスのアクティベーション ~ なぜ、OTAAがABPよりも優れているのか?

2018年、オランダ・アムステルダムで開催された第一回目のLoRaWAN世界会議 - The Things Conferenceで LoRa変調方式を発明したNicolas Sorninが、米国最大ケーブルテレビ会社で米国最大のインターネットプロバイダーであるComcast社の事例を紹介しました。

Nicolas Sorninは、当時Comcast本社のあるフィラデルフィアでLoRaWAN網を構築。それをDense Networkと呼んでました。フィラデルフィアの市バスの位置即位をGPSでなく、LoRaWANで構築できることを実証してみせました。(※フィラデルフィア中心地は高層ビルが乱立していてGPS電波が届かないため)

位置情報を即位するトラッキングデバイスの鍵認証技術が、OTAA ( Over The Air Activation)なのです。LoRaWANを理解するのにデバイスアクティベイション OTAAは、必要不可欠の認証技術なのです。

*エンドデバイスのアクティベーション ~ なぜ、OTAAがABPよりも優れているのか? 1 / 2







リンク


「通信料無料のLoRaWANサービス The Things Network PR動画」


「パケットブローカーとは?」
パケットブローカーの機能説明はこちらから...

Youtube字幕オプションで日本語を選択してご覧ください


「世界最大LoRaWANコミュニティ The Things Network Japan」

詳細はこちらから...


「The Things Network」

詳細はこちらから...


「LoRa導入ガイド」

詳細はこちらから...


「iBeaconアプリ開発ガイド」

詳細はこちらから...


「TTNアンバサダーブログ」

詳細はこちらから...